京都民俗学会京都民俗学会

談話会・年次大会の記録

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年 1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年

第27回年次大会(現代民俗学会との共催)

日 時:2008年12月7日(日)
場 所:佛教大学 6号館101教室

【自由報告】
・山中健太氏(京都民俗学会会員)
 「“生活改善”を行うにあたっての地域理解とその後の展望と消失
  ―“いずみ会”による“食生活改善”“衛生改善”“栄養改善”を中心に―」
・本多健一氏(立命館大学大学院)
 「中世後期における京都今宮祭の基礎的考察
  ―特に上京氏子区域の動向に着目して―」
・市川秀之氏(滋賀県立大学)
 「神武天皇祭の民俗行事化―奈良県下の神武レンゾを中心に―」


【京都民俗学会・現代民俗学会 合同シンポジウム】 
総合テーマ「新たな民俗学の行方―歴史と現代からの照射」
・コーディネーター・総合司会 八木 透(佛教大学)

・川村清志氏(札幌大学)
 「民俗文化研究への視角―“民俗”と“歴史”の再/脱構築にむけて」
・村上忠喜氏(京都市文化財保護課)
 「神性を帯びる山鉾―祇園祭山鉾の近世・近代・現代」
・山 泰幸氏(関西学院大学)
 「〈現在〉の〈奥行き〉へのまなざし―社会学との協業の経験から」
・谷口陽子氏(お茶の水女子大学)
 「現代の家族・親族関係の研究における民俗学の可能性」
・徳丸亞木氏(筑波大学)
 「伝承の動態的把握についての試論」

※現代民俗学会:http://gendaiminzoku.com

第218回

日 時:11月21日(金)
会 場:ウィングス京都 セミナー室A

発表者:島津良子 氏(奈良女子大学非常勤講師)

論 題:家の存亡と姻戚・縁戚―歴史学から民俗を読む―

第217回

日 時:10月31日(金)
場 所:ウィングス京都 セミナー室A

発表者:島村恭則 氏(関西学院大学社会学部)

論 題:「引揚者」と「在日」の民俗学―小樽・函館・秋田・八女・熊本―

第216回

日 時:9月30日(火)
会 場:ウィングス京都
       
発表者:中島順子 氏 (滋賀県立大学人間文化学研究科研究生)

論 題:被差別部落の生業と民具研究―滋賀県下の太鼓製作を中心に―

第215回

日 時:7月31日(木)
会 場:ウィングス京都

発表者:村山弘太郎 氏 (関西大学大学院)

論 題:近世京都における禁裏御所・門跡よりの祭具寄付 ―西陣・今宮祭を事例に―

第214回

日 時:6月26日(木)
会 場:ウィングス京都

発表者:佐藤 量 氏 (立命館大学大学院先端総合学術研究科公共領域)

論 題:国境を越える同窓会?植民地・大連出身者を追う?

第213回

日 時: 5月30日(金)
会 場: ウィングス京都 

発表者: 久保田恵友 氏(佛教大学大学院修士課程) 

論 題: 現代の成人式?その誕生と変遷?

第212回

日 時:4月24日(木)
会 場:ウィングス京都

発表者:藤森寛志 氏(高槻市立しろあと歴史館専門員)

論 題:伏見人形考 ?その受容の変遷について?

第211回

日 時:3月29日(土)
会 場:ウィングス京都

発表者:荻野裕子 氏(奈良教育大学非常勤講師)

論 題:富士参りの唄 ―伊勢志摩地方の富士信仰―

第210回

日 時:2月26日(火)
会 場:ウィングス京都

発表者:本多健一 氏(立命館大学大学院)

論 題:近世における京都六斎念仏の再考―その移動と分布に着目して―

第209回

日 時:2月4日(月)
場 所:ウィングス京都

発表者:松田健志 氏 (京都民俗学会)

論 題:富士垢離―関西地方の富士信仰、その儀礼的特長と分布について―
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年 1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)