京都民俗学会京都民俗学会

談話会・年次大会の記録

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年 1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年

第31回年次研究大会

日 時:2012年12月2日(日)
会 場:佛教大学二条キャンパス

【一般発表】
・山田貴生(加西市立宇仁小学校)
 「播州および周辺の太鼓台、分類の試み」
・村上忠喜(京都市文化財保護課)
 「「和食」のユネスコ無形文化遺産推薦と無形民俗文化財保護行政」
・湯紹玲(滋賀県立大学大学院地域文化学研究科)
 「ムラの盆行事とイエの盆行事ー三重県を事例として」

【シンポジウム】兼第866回日本民俗学会談話会
テーマ いくつかの『先祖の話』?京都で読む柳田祖霊神学?

報告者
・菊地 暁(京都大学)「主な登場人物2?京大文化史学派の『先祖の話』受容?」
・大野 啓(佛教大学)「祖先・氏神と同族結合?竹田聴洲の業績から?」
・角南聡一郎(元興寺文化財研究所)「墓石研究と民俗学?柳田以前・以後?」
・土居 浩(ものつくり大学)「民間信仰論と宗教生活学との懸隔?高取正男を読み直す?」

コメンテーター
林 淳(愛知学院大学)・大谷栄一(佛教大学)・渡部圭一(早稲田大学)

コーディネーター・司会
菊地 暁(京都大学)

共催:日本民俗学会(シンポジウムのみ)
後援:佛教大学

第254回

日 時:2012年12月1日
場 所:京都リサーチパーク
論 題:private sector/public sector民俗学の経験との対話
    ?これからの「公共民俗学」のためにー」

【発表者】
・山路興造(元京都市歴史資料館長)
 「私と私的民俗学」
・植木行宣(元京都府教育委員会文化財保護課)
 「民俗文化財の研究と保護をめぐって」
・蘇理剛志(和歌山県教育庁生涯学習局文化遺産課)
 「民俗学知の活用と民俗芸能―紀州東照宮祭礼・和歌祭の御船歌を事例に―」

【コーディネーター】
・俵木悟(成城大学文芸学部准教授)
・菅豊 (東京大学東洋文化研究所教授)
 
【主催/共催】
公共民俗学研究会/現代民俗学会/京都民俗学会/
科研基盤研究(B)「市民社会に対応する『公共民俗学』創成のための基礎研究」

第253回

日 時:2012年10月25日(木)
会 場:ウィングス京都

発表者: 鈴木則子氏(奈良女子大学生活環境学部)

論 題:岡山藩農村における産科医療
    ?賀川流回生術の施術記録の分析から 

第252回

日 時:9月28日(金)
会 場:ウィングス京都

発表者:鎌谷かおる氏(神戸女子大学非常勤講師、日本近世史)
    柿本雅美氏(佛教大学宗教文化ミュージアムポスト・ドクター、民俗学)

論 題:地域に学ぶ、地域と学ぶ、地域で学ぶ
    ―滋賀県・マキノ町知内のフィールドから

第251回

日 時:2012年7月20日(金)
会 場:ウィングス京都

発表者:ハイエク マティアス 氏(パリ・ディドロ大学東洋言語文化学部准教授)

論 題:フランスにおける「お札」研究の概要と発展性
    ―近世日本の「呪い本」を例にして

第250回

日 時:2012年6月29日(金)
会 場:ウィングス京都
   
発表者:小林 力 氏(長浜市文化財保護センター)

論 題:エコトーンとしての川辺の利用―滋賀県愛知川を事例に

第249回

日 時:2012年5月29日
会 場:ウィングス京都 

発表者:内田忠賢(奈良女子大学)
 
論 題:都市民俗研究のゆくえ
    ―『都市民俗 基本論文集』(1?4巻、別2巻)の刊行を受けて

第248回

日 時:2012年4月26日(木)
会 場:ウィングス京都

発表者:平原 園子 氏(佛教大学研究員)

論 題:混住化地域における「つきあい」の研究
    ?滋賀県和邇今宿地区の事例を中心に?

第247回

日 時:2012年3月29日(木)

会 場:ウィングス京都 セミナー室A

発表者:
市川秀之氏(滋賀県立大学人間文化学部)
武田俊輔氏(滋賀県立大学人間文化学部)
東 資子氏(滋賀県庁県政史料室)

論 題:長浜曳山祭の現在

第246回談話会(2011年度卒論発表会)

日 時:2012年3月4日(日)
場 所:キャンパスプラザ京都 2階第1会議室

・本藤 真菜(佛教大学・文学部)
 「石見神楽をめぐる民俗研究?担い手の変化を中心に?」

・那須 美里(東北学院大学・文学部)
    「現代の「流鏑馬」の射法―新騎射における「騎射挟物」と絵巻物の理想化―」

・冨田 祐紀子(滋賀県立大学・人間文化学部)
 「地域における子ども ー地蔵盆の変化よりー」

・那須 くらら(関西学院大学社会学部)
 「『困窮島』という神話?愛媛県二神島/由利島の事例からー」

・宮野 ともみ(関西大学・文学部)
 「粟田祭における剣鉾と鉾町」

・中島 司補(滋賀県立大学・人間文化学部)
 「地域資源としての日野菜」

・中川 保代(関西学院大学・社会学部)
 「墓に立つ市―大阪・河内地域の「墓市」をめぐって?」

・田中 麻衣(佛教大学・文学部)
 「『おもろさうし』とおなり神」

第245回

日 時:2012年1月26日(木)1
会 場:ウィングス京都 セミナー室A

発表者:孫 潔 氏(佛教大学文学部中国学科講師) 

論 題:中国における非物質遺産と民族文化の再構築?彝族の松明祭りを中心に 
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年 1997年 1996年 1995年 1994年 1993年 1992年 1991年 1990年 1989年 1988年 1987年 1986年 1985年 1984年 1983年 1982年
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)