京都民俗学会京都民俗学会

次回談話会のご案内

第311回談話会のお知らせ


日 時 2018年10月26日(金)18:30-21:00

会 場 ウィングス京都2階ビデオシアター

発表者 金城ハウプトマン朱美氏(関西学院大学他非常勤講師)

論 題 ドイツの無形文化遺産―現状と展望―

要 旨
ドイツは2013年にユネスコ「無形文化遺産の保護に関する条約」を締結し、
それ以来、無形文化遺産を毎年選定している。
現在、ドイツユネスコ国内委員会により認定された無形文化遺産は72件にのぼる。
また国際レベルでは、協同組合理念(Genossenschaftsidee)他2件が
「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録されている。
発表者は、ドイツの無形文化遺産をドイツ文化ならびに(現代)社会の表象ととらえ、
口頭発表を行ってきた。
本発表では、ドイツの無形文化遺産の特徴を再確認し、
発表者によるこれまでの研究発表をさらに発展させ、
ドイツにおける無形文化遺産の現状と展望について考察したい。
-----
・会員無料、会員以外300円

© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)