京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第301回談話会のお知らせ


日 時 2017年9月28日(木)18:30-21:00

会 場 ウィングス京都セミナーA

発表者 磯部 敦氏(奈良女子大学)・近代日本出版史

論 題 「澤田四郎作の営為ー澤田文庫等の調査から見えてきたことー」


要 旨
澤田四郎作(1899〜1971)。
医者(小児科医)にして民俗学者。
近畿民俗学会(前身は大阪民俗談話会)の創設者。
同会の雑誌『近畿民俗』を運営する編集者でもあり、
自著『ふるさと』や『五倍子雑筆』などを自ら出版する発信者でもあった。
学問交流の場として開放した自宅には方々から研究者が集い、
柳田國男や渋沢敬三、折口信夫らとの交流とも相俟って、
宮本常一をはじめとする研究者を育てあげた。
いわば澤田は媒介者であり育成者でもあった。
奈良女子大学文学部なら学研究会では、こうした澤田の多面性を検証するべく、
大阪大谷大学澤田文庫、遠野市立博物館、澤田家が所蔵する澤田四郎作旧蔵資料の調査を
おこなっている。本発表では、
(1)これまでの調査の報告、
(2)交流という側面からの旧蔵資料群の評価・検証、
(3)澤田の発信者としての特質を自費出版という側面から検証してみたい。

----------
・事前申し込み不要。
・会員は参加費無料、会員以外からは300円頂戴いたします。
・懇親会にもぜひご参加ください。受付時にお伺いします。
>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第36回年次研究大会のお知らせ


次回年次研究大会は 2017年12月 に開催予定です。
詳細の掲載まで少々お待ちください。

-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

「京都民俗」第35号原稿募集のお知らせ

『京都民俗』第35号投稿エントリーはしめきりました。

     
                             『京都民俗』編集事務局


『京都民俗』第35号(2017年12月刊行予定)の原稿を、下記の通り募集いたします。


1 エントリー
投稿される方は以下に従い、投稿される旨をメールまたは封書にてご連絡下さい。
エントリーなしの投稿はできません。

【エントリー期間】2017年1月20日(金)〜2月10日(金)
【必要事項】1.題目(仮題でも可)
      2.原稿の予定枚数(400字詰原稿用紙換算)
      3.執筆者の住所、電話番号(メールアドレス)、所属、専攻分野
      4.論文・研究ノートの別(希望)
【エントリー先】
 ・メールの場合
  お手数ですがこの画像のとおりタイプしてください
  件名は「『京都民俗』エントリー」として下さい。
          
  エントリー後、原則一週間以内に事務局から確認のご連絡をいたします。
  上記連絡が一週間以内にない場合は、メールの不着が疑われますので、
  恐れ入りますが再度郵送にてエントリーし直して下さい。

 ・郵送の場合
  〒822-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 滋賀県立大学人間文化学部市川研究室
        京都民俗編集担当
  
2 投稿期間
2017年2月20日(月)〜4月16日(日) 消印有効・締切厳守

3 投稿規定
2012年12月より投稿規定が改正されました。よくご確認のうえ、エントリーして下さい。

原稿の枚数については、原則として下記の基準(いずれも400字詰原稿用紙換算)を設けます。
この枚数を遵守してご執筆下さい。
原稿の分量が多すぎる場合は原稿を受理しません。
なお以下の枚数には図表も含まれます。
・論文:60枚程度
・研究ノート、資料紹介:40枚程度
・書評・文献紹介:15枚程度

また、『京都民俗』に投稿できるのは、本会の会員に限られます。
2016年度までの会費を完納しているかご確認下さい。
詳しくは投稿規定・執筆要項をご参照下さい。
  

4 問い合わせ
その他、お問い合わせは編集委員会(上記エントリー先)までお願いいたします。
こちらのメールアドレスはエントリー、問い合わせ専用です。
エントリー後、編集委員が別アドレスでご連絡いたしますので、
以降のやりとりはそちらのアドレスでお願いいたします
公開:2017年01月17日, 更新:2017年02月27日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)