京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第306回談話会のお知らせ


日 時  2018年4月27日(金)18:30-21:00
会 場  ウィングス京都ビデオシアター


発表者 星 優也氏(佛教大学大学院/日本中世宗教文化史・宗教芸能史・神話史)

論 題 神楽・天岩戸起源説の形成と変貌

要 旨 
神楽は天岩戸神話に由来する―。今でもそうした言説を聞くことが多い。
現に各地で岩戸開きを再現した「岩戸神楽」が行われることが、
神楽が天岩戸に始まるという理解の根拠になっているといえよう。
また近年は、二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックの開会式で
岩戸神楽の公演を求める動きがあるほど、
神楽=天岩戸神話という認識が定着していることが窺える。

だが『古事記』『日本書紀』には「神楽」という言葉すらない。
では、いつから天岩戸神話と神楽が結び付き、今日の理解にまで展開したのか。
時代ごとの神楽が持つ意味を再検討するとともに、
神楽・天岩戸起源説の形成過程の考察が求められているのである。

以上の問題意識に基づき、本報告は神楽の初出である『古語拾遺』を起点に、
『先代旧事本紀』、『神祇官勘文』、『奥義抄』、信西『日本紀鈔』など、
平安期を通した神楽・天岩戸起源説の形成を捉え、
中世以降における変貌の歴史叙述を試みる。
-----
・事前申し込み不要。
・会員は参加費無料、会員以外からは300円頂戴いたします。
・終了後、懇親会を予定しております。そちらの方も是非お越しください。
 懇親会の参加については当日お聞きします。
>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第37回年次研究大会のお知らせ


2018年12月に開催予定です。
詳細の掲載まで少々お待ちください。


-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

「京都民俗」第36号原稿募集のお知らせ

『京都民俗』36号(2018年11月末刊行予定)の原稿を、下記の通り募集いたします。


1 エントリー
投稿される方は以下に従い、投稿される旨をメールまたは封書にてご連絡下さい。
エントリーなしの投稿はできません。

【エントリー期間】2018年2月27日〜3月31日
【必要事項】1.題目(仮題でも可)
      2.原稿の予定枚数(400字詰原稿用紙換算)
      3.執筆者の住所、電話番号(メールアドレス)、所属、専攻分野
      4.論文・研究ノートの別(希望)
【エントリー先】
 ・メールの場合
  お手数ですがこの画像のとおりタイプしてください
  件名は「『京都民俗』エントリー」として下さい。
          
  エントリー後、原則一週間以内に事務局から確認のご連絡をいたします。
  上記連絡が一週間以内にない場合は、メールの不着が疑われますので、
  恐れ入りますが再度郵送にてエントリーし直して下さい。

 ・郵送の場合
  〒822-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 滋賀県立大学人間文化学部市川研究室
        京都民俗編集担当
  
2 投稿期間
2018年5月14日 消印有効・締切厳守

3 投稿規定
2012年12月より投稿規定が改正されました。よくご確認のうえ、エントリーして下さい。

原稿の枚数については、原則として下記の基準(いずれも400字詰原稿用紙換算)を設けます。
この枚数を遵守してご執筆下さい。
原稿の分量が多すぎる場合は原稿を受理しません。
なお以下の枚数には図表も含まれます。
・論文:60枚程度
・研究ノート、資料紹介:40枚程度
・書評・文献紹介:15枚程度

また、『京都民俗』に投稿できるのは、本会の会員に限られます。
2017年度までの会費を完納しているかご確認下さい。
詳しくは投稿規定・執筆要項をご参照下さい。
  

4 問い合わせ
その他、お問い合わせは編集委員会(上記エントリー先)までお願いいたします。
こちらのメールアドレスはエントリー、問い合わせ専用です。
エントリー後、編集委員が別アドレスでご連絡いたしますので、
以降のやりとりはそちらのアドレスでお願いいたします
公開:2018年02月27日, 更新:2018年02月27日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)