京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第318回談話会(篠原徹先生退官記念講演会)のお知らせ


日 時 2019年7月27日(土)14:00-(予定)

会 場 京都市職員会館かもがわ(京都市中京区土手町通夷川上る末丸町284)

発表者 篠原 徹 氏(滋賀県立琵琶湖博物館名誉館長)

論 題 民俗自然誌という方法とその可能性

要 旨
民俗自然誌とは、人が自然(主として生物的世界)から糧を得るために、
生業としての狩猟採集、農業、漁業や林業を通じてどのように自然とつきあっているのか、
あるいはつきあってきたのかを彼らの自然知や民俗知の総体を叙述する方法のことをいう。
日本の社会は最近まで(50年前まで)農業社会であったので、農業社会における民俗自然誌は
こうした社会に生きる人びとの自然観や生命観などを考える上での基本的な資料となる。
これはいうなれば昨今流行の環境史の一分野であるように思われるが、環境史の中核となるのは、
人と自然の関係性のうち人と人の関係性の先にある自然を問題としていることが大きく異なるところである。
つまりその中心は人が人を何らかの形で支配する延長にある資源として自然をめぐる環境史といってもいい。
日本の近世社会なら封建的な幕藩体制下における山野のありよう、
近代日本なら未発達の後進的な資本主義から高度資本主義のよる国家のなかの権力との関係にある
山野のありようを問題とする。
人びとの自然知や民俗知というのは、狩猟採集・農業・漁業・林業など
生業の技術を通して具体的に表出するので、民俗自然誌は必然的に生業の技術研究に向かう。
この生業技術研究を自然利用の4つのレベルで通時的・共時的に考えてみたい。
4つのレベルとは、1.自然を活かす、2.自然を撓める、3.自然を変える、4.自然を創る、の
4つの民俗知の民俗自然誌である。そして、最後の4番目の4.自然を創る民俗知こそ、
今後の日本の人と自然の関係性を考える上では重要な視点になることを示してみたい。

-----
・会員無料、会員以外300円

-----
次回以降の予定

・第319回 9月中旬 山陰民俗学会共催@島根県



>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第38回年次研究大会のお知らせ



次回談話会は 2019年12月 に開催予定です。


-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

『京都民俗』第37号の原稿を募集します

『京都民俗』37号(2019年11月末刊行予定)の原稿を、下記の通り募集いたします。


1 エントリー
投稿される方は以下に従い、投稿される旨をメールまたは封書にてご連絡下さい。
エントリーなしの投稿はできません。

【エントリー期間】2019年3月16日(土)〜4月12日(金)
【必要事項】1.題目(仮題でも可)
      2.原稿の予定枚数(400字詰原稿用紙換算)
      3.執筆者の住所、電話番号(メールアドレス)、所属、専攻分野
      4.論文・研究ノートの別(希望)
【エントリー先】
 ・メールの場合
  お手数ですがこの画像のとおりタイプしてください
  件名は「『京都民俗』エントリー」として下さい。
          
  エントリー後、原則一週間以内に事務局から確認のご連絡をいたします。
  上記連絡が一週間以内にない場合は、メールの不着が疑われますので、
  恐れ入りますが再度郵送にてエントリーし直して下さい。

 ・郵送の場合
  〒822-8533 滋賀県彦根市八坂町2500 滋賀県立大学人間文化学部市川研究室
        京都民俗編集担当
  
2 投稿期間
2019年5月31日(金) 消印有効・締切厳守

3 投稿規定
2018年12月より投稿規定が改正されました。よくご確認のうえ、エントリーして下さい。

原稿の枚数については、原則として下記の基準(いずれも400字詰原稿用紙換算)を設けます。
この枚数を遵守してご執筆下さい。
原稿の分量が多すぎる場合は原稿を受理しません。
なお以下の枚数には図表も含まれます。
・論文:60枚程度
・研究ノート、資料紹介:40枚程度
・書評・文献紹介:15枚程度
・調査報告・資料報告など:30枚以内

また、『京都民俗』に投稿できるのは、本会の会員に限られます。
2017年度までの会費を完納しているかご確認下さい。
詳しくは投稿規定・執筆要項をご参照下さい。
  

4 問い合わせ
その他、お問い合わせは編集委員会(上記エントリー先)までお願いいたします。
こちらのメールアドレスはエントリー、問い合わせ専用です。
エントリー後、編集委員が別アドレスでご連絡いたしますので、
以降のやりとりはそちらのアドレスでお願いいたします
公開:2019年03月21日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)