京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第321回談話会のお知らせ


シンポジウム「思いがけないお産の民俗」

日 時 2019年12月14日(土) 13:30-17:00

会 場 京都市職員会館かもがわ(京都市中京区土手町通夷川上ル末丸町284)

開催趣旨
お産は、つねに思い通りになるとは限らない。
不妊、流産、死産、疾患をもつ子どもの出生、
また緊急帝王切開などの「思いがけない」お産に、
人々はどのように対処してきたのか、
過去から現在までの変遷を明らかにすることにより、
これまでのお産の研究に一石を投じたい。


趣旨説明
安井眞奈美氏(国際日本文化研究センター)
「「思いがけないお産の民俗」から見えてくること」

報告
遠藤誠之氏(大阪大学教授・産科医)
「産科医療における”思いがけない”お産」

伏見裕子氏(大阪府立大学高専)
「口唇裂・口蓋裂の民俗」

中本剛二氏(大阪大学大学院特任研究員)
「不育症という経験」

コメント
澤野美智子氏(立命館大学)
「医療人類学の立場から」

松岡悦子氏(奈良女子大学名誉教授)
「文化人類学の立場から」

ディスカッション
梶間敦子氏(奈良学園大学特別客員教授)
「助産師の立場から」他

共催
・日本民俗学会
・科研費基盤研究(B)19H01398
 「出産の危機状況を医療、女性の身体、子供の命の視点から解明する
 エスノグラフィー研究」(2019-2022・代表:安井眞奈美)


 -----
 ・事前申し込み不要
 ・談話会後に懇親会を開催します
  当日受付にてうかがいます
>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第38回年次研究大会のお知らせ


日 時 2019年12月15日(日)10:00-17:30

会 場 京都産業大学 むすびわざ館(京都市下京区中堂寺命婦町1-10)3階3A教室

プログラム
10:00-10:05 開会
10:05-10:45 第1報告 星 優也氏「「四方鬼神」考―鹿児島県薩摩川内市「入来神舞」祭文を読む―」
10:50-11:30 第2報告 宋 丹丹氏「身体に関する岩石伝説についての一考察」
11:35-12:15 第3報告 伊藤耕一郎氏「晴明神社を訪問する人々―神要らずの参拝者」

12:15-13:15 昼食休憩
13:15-14:00 会員総会

14:10-14:50 第4報告 荻野裕子氏「伊勢における修験系富士講の形成と定着―17世紀の富士参詣記録から―」
14:55-15:35 第5報告 得能 司氏「人口の都心回帰が都市祭礼の継承に与えた影響―祇園祭・菊水鉾を事例に―」

15:35-15:50 休憩

15:50-16:30 第6報告 中西 仁氏「神輿場はなぜ荒れたのか その2―「劇場型」神輿荒れ」
16:35-17:15 第7報告 由谷裕哉氏「神社明細帳による神社合祀の事例研究」
17:15-17:35 閉会

18:00-20:00 懇親会


参加費
・年会…1,000円
・懇親会…5,000円(学部学生3,000円)


-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

京都民俗学会第5期理事選挙の実施について

京都民俗学会会員各位


第5期理事選挙管理委員長 村上忠喜

会員諸氏におかれましては、本会の運営等にご協力いただきありがとうございます。
さて、本年末をもって、現理事会(第4期 任期4年)の任期が満了します。
つきましては「京都民俗学会規約」第13条に基づき、
第5期理事選挙を実施するに当たり、有権者及び被選挙権者の確定を行ないます。
有権者及び被選挙権者の確定は2019年7月31日付をもって行いますので、
2019年度の会費未納入の方は、
必ず7月31日までに納入していただくようお願いいたします。
また、住所が変更された方で、
まだ学会事務局にお手続きを済まされておられない方は、
学会HP内の「会員のページ」の「変更手続き」フォームより
住所変更の手続きをお願いいたします。

8月下旬から9月上旬にかけて、
被選挙権者名簿及び投票用紙などを送付する予定でおりますので、
選挙にご協力のほどよろしくお願いいたします。

公開:2019年07月04日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)