京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第313回談話会のお知らせ

日 時 2019年1月25日(金)18:30−21:00

会 場 ウィングス京都2階ビデオシアター

発表者 武笠俊一氏(三重大学名誉教授/民俗学、地域社会学)

論 題 渋沢敬三の「野外博物館」構想 ーその夢と挫折ー

要 旨
昭和10年代初め、渋沢敬三は今和次郎・高橋文太郎の協力を得て「民族学博物館」の建設を試みた。
それはストックホルム(スェーデン)の「スカンセン博物館」のような
野外博物館を日本に建設しようとする壮大な試みであった。
当初、渋沢たちは国立博物館としての建設を目指したが、戦局の悪化とともに行き詰まり、
高橋文太郎が提供した東京市郊外の保谷の土地に、小規模な博物館が開設された。
この博物館には、渋沢の構想にそって「民族研究所」が併設された。
この研究所は戦争激化の中で国立(文部省)に移管し、国家主義的な政策の一翼を担うことになる。
この国立移管を主導し研究所の運営に辣腕をふるったのが、渋沢敬三の親友であった岡正雄であった。
しかし、岡の活躍は、結果的に博物館と研究所の廃止を招く。
戦後1977年大阪府吹田市に「国立民族学博物館」が建設され、
初代館長の梅棹忠夫は「渋沢敬三の夢が実現した」と誇らしげに語った。
しかし、この博物館は渋沢の夢とは似て非なるものであった。
それは渋沢たちの野外博物館構想を詳細に検討すれば明らかなことである。
-----
・会員無料、会員以外300円

>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第38回年次研究大会のお知らせ



次回談話会は 2019年12月 に開催予定です。


-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

第37回京都民俗学会年次研究大会報告者募集

第37回年次研究大会の報告者募集は終了しました。


下記の通り、第37回京都民俗学会年次研究大会を開催いたします。
・日時 2017年12月9日(日)10:00−17:30(予定)
・会場 京都市職員会館かもがわ(京都市中京区土手町通夷川上る末丸町284)

会員諸氏の日頃の研究成果を公開、享受し合う機会として、
有意義かつ楽しい大会にしたいと存じます。
多くの方々の御登壇をお待ちしております。

報告をご希望の方は以下の要領でエントリーしてください。
報告時間は報告者の人数にもよりますが、質疑応答含み40分程度です。
・メールタイトル「第37回年会報告エントリー」
・会員メーリングリストでお送りしているエントリーシートに記入し添付
・宛先 mail[at]kyoto-minzoku.jp
・〆切 10月23日(火)

エントリー有資格者につきましては、
会員のうち今年度学会費納入者に限らせていただきますので、
あらかじめご了解ください。(エントリー後の納入も大歓迎です。)

エントリーシートExcelデータはお送りしておりますが、
再送ご希望の方は事務局までご連絡ください。

※近年エントリーシートを提出せず年会報告を希望する方が増えております。
 エントリーシートは、企画担当の調整業務上必要不可欠の書類ですので、
 必ずエントリーシートをご提出いただくようお願いいたします。
公開:2018年09月27日, 更新:2018年10月29日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)