京都民俗学会京都民俗学会

新着案内

次回談話会のご案内

第308回談話会のお知らせ


日 時  2018年6月25日(月)18:30-21:00

会 場  ウィングス京都セミナーA

発表者  マーク・テーウェン 氏 (Mr.Mark Teeuwen)
    (オスロ大学教授、京都大学人文科学研究所招聘研究員)

論 題  切支丹と妖術―京阪切支丹事件を読み直す

要 旨
文政10年(1827)正月に、大坂東町奉行所は、稲荷明神の奇瑞をかたって
十数人の町人から金品をだまし取った疑いで、さのという女を捕らえた。
三か月の吟味の末、さのは「切支丹」の「天帝如来」に対する修法を
行っていたことを認めた。
さのの師匠とそのまたの師匠を探し出すことによって、
事件の元が京都にあることが判明した。
「邪宗門」の容疑をかけられた人物に、さののような女性の「稲荷下げ」だけでなく、
男性の公家家来、辻占い、医者、堕落の禅僧なども含まれていた。
全部で十数名からなる、京都と大阪にまたがる秘密の信仰集団の存在が確認された。
大坂東町奉行所の吟味書と、世間の噂を集めた『浮世の有様』などを基に、
この事件の主要な人物、そしてその「切支丹修法」について考えたい。
邪法の「妖術」に対する危機感を痛切に感じさせる資料もあれば、
切支丹をただの行政上の迷惑としか思わない見方を示唆する資料もあり、
この事件は文政期という画期的な時代における切支丹像を考える資材を
提供してくれると思う。

-----
・事前申し込み不要。
・会員は参加費無料、会員以外からは300円頂戴いたします。
・終了後、懇親会を予定しております。そちらの方も是非お越しください。
 懇親会の参加については当日お聞きします。
>>談話会の記録を見る

年次大会情報

第37回年次研究大会のお知らせ


2018年12月に開催予定です。
詳細の掲載まで少々お待ちください。


-----------
・一般参加歓迎。どなたでも自由にご参加下さい。申し込み不要。
・懇親会への参加も歓迎します。
>>年次大会の記録を見る

会員へのおしらせ

国際シンポジウム「地域学としての民俗学と国際化−台湾と京都の実践」のご案内

                                 2018年5月29日

京都民俗学会では、下記の予定で、シンポジウム及び本会若手会員と
台湾の若手研究者の研究交流会を開催いたします。
シンポジウムの後エクスカーションも企画していますので、
会員各位におかれましてはぜひご参加ください。会員以外の方も参加は自由です。
また、プログラムは随時更新いたします。


國際論壇 「作為區域研究的民俗學及其國際化-台灣與京都的實踐」
(国際シンポジウム「地域学としての民俗学と国際化−台湾と京都の実践」)

日 時  2018年9月1日(土)13:30〜17:00  シンポジウム
          2日(日)10:00〜17:00  若手報告会
              3日(月)	      エクスカーション 
 
会 場  国立台北芸術大学国際会議場

主 催  国立台北芸術大学建築與文化資產研究所・京都民俗学会

開催趣旨 
台湾と京都における、民俗学の独自の発展経過を、アカデミズム、在野との関係、
そして文化施策への展開から、昨今の無形文化遺産までを視野に入れて比較することを通じて、
民俗学的実践を問う。

プログラム
1日(土) シンポジウム
・総合司会  林承緯(台北芸術大学)・村上忠喜(京都産業大学)
・報告者  謝國興(中央研究院) ・林茂賢(台中教育大学)・菊地暁(京都大学人文科学研究所)・
      市川秀之(滋賀県立大学)・橋本章(京都府京都文化博物館)
・コメンテーター  島村恭則(関西学院大学)
・通訳  今中崇文(京都市文化財保護課)他

2日(日) 若手報告会
・台湾側から約4名の若手研究者の報告を予定
・荒木真歩(神戸大学大学院国際文化学研究科)
 「無形民俗文化財を逆照射する―奈良県十津川村の盆踊りを事例に―」
・岡本真生(関西学院大学大学院・社会学研究科)
 「ヴァナキュラー空間の創出−天誅(忠)組記念館を事例として−」
・佐藤弘隆(立命館大学大学院文学研究科)
 「明治期の京都における祇園祭船鉾の復興要因―地域資料のデジタルアーカイブとその活用―」
・高木秀和(愛知大学非常勤講師)
 「地域の歴史・文化を知ることから地域振興へ:遠山常民大学受講生の活動から」
・東城義則(国立民族学博物館外来研究員)
 「伝統行事「鹿の角きり」の保存・継承をめぐる動向」
・三隅貴史(関西学院大学大学院社会学研究科)
 「東京圏における祭礼の維持と神輿会」
・宮澤早紀(佛教大学大学院文学研究科)
 「日本の巫者 現在とこれから−青ヶ島・八丈島の事例より−」

3日(月) エクスカーション
戦前の北投温泉公共浴場(現北投温泉博物館)、普済寺、北投温泉街(新北投エリア)、
中元普度(施餓鬼法会)の儀礼見学(台北・士林地域)、龍山寺、祖師廟など台湾寺廟と
モンガ夜市(台北・萬華地域)を予定。
所要時刻は、午前9時から午後9時頃までを予定。
公開:2018年05月28日, 更新:2018年05月29日
>>おしらせを見る
© 京都民俗学会 (お問い合わせ / プライバシーポリシー)